menu

認知症対応型共同生活介護グループホームいずみ

事業の特徴

  • 認知症の高齢者の方が住みなれた地域で住まいとして安心して暮らせるように、24時間365日サポートします。家庭的な環境の中で共同生活しながら、地域との関わり合いを保ちます。
  • 生活の支援を行い、生活の中でのリハビリに心がけます。職員はご利用者一人ひとりの能力に応じた支援をします。例えば、料理は大切な生活リハビリの一つです。包丁を使って皮むきをする、天ぷらを上手に揚げる入居者の方もいます。片付けや洗い物を率先してくれるご入居者等、ひとりひとりができることを生かし生活しています。
  • 大勢のボランティアさん、ご家族、地域の方々がさまざまなイベントの企画、準備をしてくれます。地域に暮らす一市民として支援していただいています。
  • 地域の児童館とも数年に渡り交流があり、うどん作りを教授しに行ったり、敬老会に学童がチアダンスを披露しに来てくれたりと交流しています。
  • 武蔵野大学人間科学部と交流があり、高齢者福祉の授業に入居者が講師として出かけたり、地域で行っている「徘徊模擬訓練」の手伝いをしてもらったりしています。
  • 日本社会事業大学の先生から、認知症研修においてケアの助言を受けています。

秋のお出かけ企画

秋のお出かけ企画
秋のお出かけ企画
秋のお出かけ企画
秋のお出かけ企画

秋のお出かけ企画で、井の頭自然文化園に小グループに分かれてお出かけしてきました。モルモットと触れ合ったり、美味しいお弁当を食べたりと楽しい一時を過ごしてきました。
普段は食が細い方も、この日ばかりは完食!やっぱりお出かけをすると違うね~、と実感させられました。
「また、みんなで出かけしましょう!」と入居者の皆さんと約束して帰ってきました。

日頃のお出かけ

日頃のお出かけ

いこいの森公園にお出かけ。お散歩中のワンちゃんが寄ってきてくれて…。
思わず楽しい時間を過ごすことが出来ました。

JAミニデイサービス

JAミニデイサービス
JAミニデイサービス
JAミニデイサービス

地域のJAの皆さんが開催してくださるミニデイサービスに、今回も参加させていただきました。体操や工作・JAの皆さんの手づくりの美味しいお食事を堪能し、楽しい時間を過ごしてきました。
帰りには、大きなサツマイモまでいただき、大満足の一日でした!

ひばりが丘児童館との交流会

ひばりが丘児童館との交流会
ひばりが丘児童館との交流会
ひばりが丘児童館との交流会

2018/11/18(日)に恒例となった、ひばりヶ丘児童館の子供たちとの交流会がありました。
当日は、入居者の皆さんがひばりヶ丘児童館まで出かけ、子供たちと一緒に『うどん作り』と『お饅頭作り』をしました。
子供たちと一緒に粉をこねたり・伸ばしたり。子供たちの切るうどんの太さに大笑いしたりと楽しい時間を過ごしてきました。
みんなで作ったうどんとお饅頭の味は格別!
最後には、子供たちから手づくりのメダルをプレゼントされ、皆さん「ありがとう!」と子供たちの手をとり、とても嬉しそうにされていました。
また来年も、うどん作りの腕を上げて参加させていただきたいと思います。

事業概要

利用対象 要支援2から要介護5までの方
(西東京市に住民票のある方)
(医師の診断書が必要となります)
利用定員 18名(1ユニット9名 × 2ユニット)
平均要介護度 3.23 ※1
職員配置(介護職) 14名(常勤換算 ※1)
居室状況 全室個室、押入・トイレ・洗面台・エアコン付き
居室面積 11.68㎡(1室あたり)
トイレ 全個室のほかに共用2か所(1ユニット)
浴室 2か所(個浴)
LDK 各ユニットに設置
入居率 100% ※1
第三者評価
※1 2016年10月時点

利用する際の費用

介護サービス利用者負担 1割相当額 ※1
家賃 75,000円/月(日割り精算あり)
敷金(入居時) 150,000円
食材料費 38,000円/月(決算後精算)
建物維持管理費 17,000円/月(日割り精算あり)
水道光熱費 18,000円/月(決算後精算)
理美容・おやつ代等 実費
※1 一定の所得のある方は2割

サービス内容

入浴 ご利用者の状況に応じ、安全に配慮しつつ入浴の見守り・介助を行います。
食事 原則として食材購入・調理・片付けまで、ご利用者の参加を促し、共に作り食事が出来るようサポートします。
排せつ ご利用者の状況に応じ、適切な排泄の見守り・介助並びに自立支援を行います。
着替え ご利用者の状況に応じ、着替え・整容などの見守り・介助並びに自立支援を行います。

お問い合わせ先

TEL 042-424-1205 042-424-1205 FAX 042-425-2667