menu

職員インタビュー

芹口 美里(せりぐち みさと)

芹口 美里(せりぐち みさと)
出身 1984年生・東京都出身
所属 「デイサービスいずみ」(通所介護)
資格 介護福祉士
出身校 大泉学園高校
趣味 ショッピング
休日の過ごし方 子どもと公園やショッピングへ出掛けています

当初は障害者(児童)にも興味がありましたが、実習先でデイサービスを体験し、利用者の方同士で会話や趣味活動を楽しんでいる姿を見て在宅生活を支援できるデイサービスを希望し入職しました。

デイサービス、グループホームで勤務したことで「地域で暮らす支援」の経験ができました。また、現在は産休、育休後デイサービスでの仕事にに復帰しています。

引き続き、利用者の方が、自宅ではできない事など、希望を1つでも多く実行し喜んで頂けたらと思っています。

諸田 みずほ(もろた みずほ)

諸田 みずほ(もろた みずほ)
出身 1993年生・群馬県出身
所属 「グループホームいずみ」(認知症対応型共同生活介護)
資格 介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級
出身校 日本社会事業大学
趣味 音楽鑑賞、読書
休日の過ごし方 ライブ、スポーツ観戦

高齢者と関わる仕事がしたいと思い、大学の先生に紹介していただいた場所がグループホームいずみでした。入居者のみなさんがゆったりと過ごす姿や、様々な活動をされている姿を見て、魅力を感じたのが入職の動機です。

入職して2年経ちますが、入居者の方から調理等教えていただけることや、私の生まれる前の話、入居者の方ご自身の話など、人生の先輩から様々なことを教えていただいています。グループホームいずみの入居者の方々は認知症ではありますが、嫌なことは嫌、あれがしたい、と自身の意思を伝えて下さるので、ご本人の望む生活へ近づけることができる一方で、入浴やその他のことにどのようにお誘いしたら、快く応じて下さるか考えながら支援する日々です。やはり、入居者の方々の笑顔が見られることがやりがいです。

これからも、入居者の方々が日々穏やかに、笑顔のある生活を送れるよう支援していきたいです。

気田 正和(けた まさかず)

気田 正和(けた まさかず)
出身 1978年生・青森県出身
所属 「小規模多機能ホームみんなんち」(小規模多機能居宅介護)
資格 介護福祉士
出身校 帝京平成大学
趣味 ゲーム・飲み屋巡り・カラオケ
休日の過ごし方 自宅でのんびり
法人の魅力 福利厚生と食へのこだわり。職員の考えを尊重してくれます。

小規模多機能ホームに興味があったことと、法人の福利厚生が充実していたことが入職の動機です。大学卒業後、主にサービス業や建設業の営業職として働いていました。29歳の時、介護業界に興味を持ち、ヘルパー1級を取得し、老健に入職しました。そこで8年半程、介護職として働きました。その後、訪問介護の事業所で1年半程、ヘルパーとして働いていました。これまでの経験を活かしつつ、自身がキャリアアップ出来る職場を探していたところ、悠遊の求人を見つけ、お世話になることになりました。

入職してまず感じたことは、環境面のよさです。ご利用者が過ごすフロアにはアイランドキッチンが併設されていて、毎日、調理の音や匂いを感じながら、できたての温かい食事を食べることができます。また、施設の隣に大きな公園があるのでご利用者と散歩に行き、ベンチでゆっくり会話をしたりしています。日々の業務やケアの中で失敗や上手くいかないこともありますが、ご利用者やご家族からの感謝やお礼の言葉を頂くとやりがいを感じます。また、悠遊は外部の研修にも積極的に参加をさせてくれるので、職員のスキルアップやキャリア形成を後押ししてくれます。

『認知症になっても、住み慣れた地域の自宅で生活したい』そんな思いに応えていくべく、ご家族や職員と共に支援者の一人として、また専門職として、成長していければと思っています。

五十嵐 元子(いがらし もとこ)

五十嵐 元子(いがらし もとこ)
出身 1972年生・山形県出身
所属 「グループホームちとせ」(認知症対応型共同生活介護)
資格 介護福祉士
出身校 山形県立山添高等学校
趣味 Vリーグ観戦
休日の過ごし方 試合日Vリーグ観戦、家でボーっとしている

介護福祉士の資格を取得し、転職を考えていた時に、自宅ポストに悠遊の募集広告が入っていました。有料老人ホームに在籍していたため、「グループホームってどういう感じなんだろう」と軽い気持ちで見学させていただきました。理事長から法人の説明を受け、グループホームを目にした時、ここで働きたいという気持ちになりました。

入職して現在に至るまで楽しいと思える日々が続いています。時にはご入居者様に癒され、気持ちをリセットできる職場です。入職してよかったことは、上司が常に的確な判断を示してくれることです。自分自身、仕事において迷うこともあります。そんな時に、ご入居者様のために何が一番良いサポートかを一緒に考えてアドバイスをもらえ、学びの機会となっています。また、職員が心を一つにして、ご入居者様のために考え、今できる最高のケアを行えたと思う時がやりがいを感じる瞬間です。

私はこれまで失敗や後悔をし、それをそのまま受け入れてきましたが、挑戦しないことでの後悔はしたくありません。これからも常に挑戦し続けることに取り組んでいきたいと思います。

インタビューリストへ戻る