menu
投稿日:2017年10月13日 お知らせ

「西東京認知症SOSネットワーク模擬訓練2017」を開催しました

9回目となった今年の企画は、9月24日(日)西東京市保谷小学校をお借りして開催しました。天候にも恵まれ、当日は市内の福祉関係者や大学生、市民など110名の方々が参加されました。

模擬訓練の前半では「認知症とは?街で出会ったらどう接すればいい?」をテーマに学習会(講師:市川百合子(泉町地域包括支援センター))を開催し、認知症についての基本的な理解と共に、対応方法のポイントについて学びました。

その後、小学校周辺の5つの指定エリアを舞台に、行方不明者役を7~8人ずつのグループに分かれて探し、声をかけ、安全を確保するという模擬訓練を実施しました。

体育館に戻ってからのグループ別の振返りの話し合いでは、「頭ではわかっていても、実際声をかけるとなると難しい」「初めての体験で新鮮だった」などの活発な意見が出されていました。

今後も、行政や地域の方々と連携し、高齢になっても、認知症になっても安心して地域で暮らせるようにするために、支えあえる地域社会づくりに取り組んでいきたいと思います。

写真はこちら