menu
投稿日:2018年03月20日 お知らせ

「第2回地域防災訓練in悠遊」を開催しました

「第2回地域防災訓練in悠遊」を開催しました

あたたかな好天に恵まれた2018年3月4日(日)10:00~12:30、「地域防災訓練in悠遊」を開催し、120名の参加がありました。

 開会式では、当法人の鈴木理事長に続き、西東京消防署の滝沢警防課長、西東京市高齢者支援課の八矢副主幹よりご挨拶をいただき、防災ボランティア団体レスキューバード代表の荘様の講演「地震発生!そのときどうする?」がありました。

 続いて、今回参加された皆様に、法人の自衛消防訓練をご覧いただきました。施設内での火災発生、消防署への通報、消火器・屋内消火栓による初期消火、参加者の避難訓練に加え、消防職員による逃げ遅れ者の救出実演、最後は消防車等からの放水訓練となりました。本番さながらの迫力に緊張感が伝わってきました。
 後半は体験コーナー。1階では、「煙体験ハウス」「消火器使用体験」「消防車(ポンプ車)乗車体験」「はしご車乗車体験」「高齢者疑似体験」。2階デイサービスルームでは、「車イス体験」「応急救護(AED操作)講習」「大人も子どもも楽しく学べるゲーム&工作(レスキューバード提供)」「アルファ米&すいとんの試食」など盛りだくさん。大人から小さなお子さんまで、楽しみながら、防災につながる体験ができました。

 「いざという時にでも地域でたすけあう力」が大切なことを確認しました。今後も、安全・安心の地域づくりに向けて貢献できるように進めていきます。

最後となりましたが、企画開催に向けては、西東京市役所危機管理課、西東京消防署、防災ボランティア団体レスキューバードの皆様に多大なるご協力をいただきました。感謝申し上げます。

第2回地域防災訓練in悠遊
第2回地域防災訓練in悠遊
第2回地域防災訓練in悠遊
第2回地域防災訓練in悠遊
第2回地域防災訓練in悠遊