menu

生活クラブ生協(東京)は、一人ひとりの組合員の寄付により社会福祉法人悠遊を作り、西東京市でデイサービスを始めました。
高齢になっても身近に気軽に集える場所がほしいと、個々の組合員が考えたからです。
当時はまだ介護保険制度はなく措置の時代だったので、デイサービスも社会福祉法人しか運営できませんでした。
現在でこそ地域密着型サービスができて、住み慣れた地域で暮らし続けることが当たり前のこととして制度化されましたが、当時はまだこうした私たちの考え方は少数派でした。

私たちは、母体となっている互助組織・生協と連携しながら、自分や家族が困ったときに役立つ仕組みや人のつながりを、これからも身近な地域に増やしていきます。